スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンビレッジ曽爾 (奥香落オートキャンプ場)

2010年07月15日 18:45

サンビレッジ曽爾 (奥香落オートキャンプ場) に行ってまいりました。

085a.jpg

奈良県の東北端、三重県境に接する曽爾村にあり、大阪からは1時間50分ほどで到着します。
道路沿いにある管理棟が一番高台となり、真正面には曽爾高原を見ることができます。
その並びにAサイト、その一段下にバンガローやコテージがあり、もう一段下がったところにBサイト。
ペット可のCサイトは、管理棟から一番離れていてバーベキュー棟やテニスコートと同じ高さとなります。

015a_20100701161948.jpg  ← 今回はAサイトにしました。A-2 

017a_20100701161827.jpg

炊事棟は人感センサーでライトがつき明るくて安心、湯沸し器1台、ガスコンロ2台(すべて無料で使用可)
きれいに掃除も行き届いていて、気持ちよく使用できます。

055a.jpg

こちらのキャンプ場では、施設内にちょっとしたアスレチックもあります。

027a.jpg 033a_20100701163410.jpg 035a.jpg

息子Fはアスレチック、旦那さまは道具の手入れ、私は友達から借りっぱなしになっている本を
ひたすら読みふける…冷えたビールをグビグビ流し込み、はあ~幸せ

067a_20100701162739.jpg 069a_20100701162757.jpg 076a.jpg

晩御飯はユニセラで焼き物(とり、豚、牛)朝は、卵、胡瓜、サニーレタスのサンドイッチ。

次の日、キャンプ場近くの 済浄坊(さいじょうぼう)の滝に行きました。

088a.jpg ← このような遊歩道をのんびり歩くとこと10~15分。

済浄坊の滝に到着です。昔、この滝に済浄坊という仏寺があり、修行者が
この滝で行水して身をきよめ水煙大不動明王の霊を仰いだと伝えられています。

099a_20100701163058.jpg
 
遊歩道に戻り、さらに数分上がっていくと もうひとつ滝があります。

120a.jpg

130a.jpg 142a.jpg

その後、汗を流しに車で数分の場所にある お亀の湯へ。
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性/アルカリ性/高温泉)泉温 46.3℃ ph値 8.6(アルカリ性)湧出量150リットル/分

平日料金(月~金) 大人(中学生以上)500円 子供(3歳~小学生) 300円
土日祝および指定日 大人(中学生以上)700円 子供(3歳~小学生) 400円 

※キャンプ場の管理棟で大人450円、子供300円でチケットが販売されているので
 行かれる方は購入しておくといいですね。

009a.jpg
※青蓮寺川(しょうれんじがわ) 橋の上より

プチ情報(オートキャンプサイト(電源付)1泊4500円です。チェックイン2時~、アウト12時。
      施設全体的に掃除がいきとどいていて、綺麗で使いやすかったです。
      今回はAサイトの道路側ではない方だったので、見晴らしもそこそこ良くゆっくりと過ごせました。
      A-2、A-3あたりが私はいいかな(選べないんですけどね(;^ω^A)     
      アスレチックに行きやすいのはBサイト。CサイトはペットもOKです。ただ、テニスコートが
      並びにあるのでコート使用中は「パコ~ン、パコ~ン」という音が響きます(^^;)

      次は、秋のススキが綺麗な頃にまた行けたらいいな~と思っています。
     


ひとこと日記「ドコイク?」もアップしました。



スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekosomari.blog36.fc2.com/tb.php/206-5a7bc0dc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。