スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保津川下り と 嵯峨野トロッコ列車

2012年08月28日 11:31

昨年の夏休み(;^ω^A、お友達親子と一緒に日帰りバスツアーに行った時の記事です。
保津川下り と 嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車 を楽しめる人気のセットプランです。 

049a_20110816141441.jpg

「日本一、歴史が古く! 日本一、距離が長く! 日本一、料金の高い川下りです!!」
と、船頭さんがおっしゃる保津川下り(笑)

京都府亀岡から嵯峨嵐山までの16km。峡谷の美とちょっとしたスリルも味わえる有名な舟下りです。
年間を通じて約30万の観光客が訪れるそうですよ。

073a_20110816152303.jpg

棹(さお)で岩や川底に突いて舟をコントロールされる方、櫂(かい)を漕いで前に進める方、

004a_20110816152325.jpg

船の後ろで舵(かじ)を取る方。3名の船頭さんが交代しながら船を巧みに操られます。
ジョークを交えながら退屈させないように工夫されていましたよ。

097a_20110816155624.jpg

保津川の中で唯一滝の名、高低差約2m、小さな鮎では泳ぎあがれないと言われる(小鮎の滝)

水深約10m、保津川で二番目に深い。(殿の漁場)

400年余りの長い年月の間、同じ個所に竿を突く事によりできた窪み(竿の跡)

約350年間下った船を曳き上げる際に綱が岩に擦れて出来た傷跡。(綱の跡)

清和天皇が病気療養中、鵜飼いを楽しまれた場所。(鵜飼の浜)

本を横に積んだ時のような地層が見られる。(書物岩)

(河鹿(蛙)岩)(大悲閣)(朝日の瀬)(曳舟) 等など、見どころはいくつもあります。

036a_20110816155820.jpg

私たちはバスツアーなので全部添乗員さん任せで、手続き等しませんでしたが。ご参考までに。

出船時刻表 3月10日~11月30日 ※9月7日は安全点検実施のため運休。
定期船 9:00/10:00/11:00/12:/13:00/14:00/15:30
※一隻定員になり次第、随時出船することあり。※土・日・祝日は不定期運航。

冬期お座敷暖房船 12月中旬~3月9日 ※12月29日~1月4日は運休。
※2月23日は安全点検実施のため運休。
定期船 10:00/11:30/13:00/14:30

所要時間  約2時間(水量により多少の早遅があります)

雨天の時  船にテントを張り、通常通り運航。暴風雨および増水の場合運航中止。
定期乗合船 24名(冬期暖房船は16名)※水量により変更する場合あり。

乗船料金表(消費税含む)定期乗合船 3900円/大人 2500円/小人(4歳~小学生)

107a_20110816155841.jpg

おっーーーとぉ、ぶつかりそうでぶつからない(〃゚д゚;A ギリギリのところをかすめて行きます。
両サイドの席(特に前列)は水しぶきがかかることもありますが、ビニールカバーもあるので
ビショビショになることはないと思います。あ、私はカバーが甘くて左肩が濡れてしまいましたが(笑)

113a_20110816153331.jpg

川下りの終盤には、屋台船がやってきて購入し飲食することができます。

111a.jpg 112a_20110816153414.jpg 116a.jpg

ビール、ジュース、おでん、イカ焼き、みたらしだんご、わらびもちなど、色々販売されていましたよ。

120a_20110816192833.jpg

約2時間後、下船は嵐山です。バスツアー客は嵐山でバスに乗り込み15分ほど走り昼食のお店へ。

132a.jpg

おばんざいバイキングです。(お店の名前忘れちゃった(-_-;)食事をし、お土産を買うこともできます。

食事の後、嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車 の「トロッコ嵯峨駅」にバスで移動。
トロッコ嵯峨駅~保津川渓谷に沿って「トロッコ亀岡駅」までの7・3kmを約25分で結ぶ観光路線。

「トロッコ嵯峨駅」に到着。ここでバスツアー客は乗車時間までの約1時間半、自由時間です。
歩いて嵐山散策に行く方もいれば、トロッコ嵯峨駅で時間を過ごす方もいます。

141a_20110816164246.jpg

トロッコ嵯峨駅では、日本最大級の鉄道ジオラマ「ジオラマ京都JAPAN」がありました。
ジオラマは縦12.3m×横117.3m、路線の長さは2.7キロ、車両は約800台。
一般 大人 500円  小人(小学生) 300円  トロッコ列車の乗車割引あり。

※写真は、ジオラマ京都Japan内のものではなくトロッコ嵯峨駅の改札出口にあったジオラマです。

トロッコ列車の乗車券購入方法。こちらもご参考までに~。
個人では乗車日の1ヶ月前~発車前までに、乗車日と時間を指定し前売券を購入することができます。
JR西日本の主な駅の『みどりの窓口』 全国の主な旅行会社で販売。

当日券は、乗車日の当日、トロッコ嵯峨・嵐山・亀岡の各駅窓口で、先着順にて販売されています。
ハイシーズンでは、満席で乗れない場合もあるようです。

普通運賃(片道)均一 大人  600円 小人 300円  全車指定・全席禁煙

094a_20110816173420.jpg

今回は、バスツアーだったので移動が楽でした。乗船乗車の手続きなどもなく丸投げヾ(@^▽^@)
夏休み期間だからでしょうか、家族連れの方や、お孫さん連れの方もチラホラいらっしゃいました。

(難波AM7:45集合)→(保津川下り)→昼食(おばんざいバイキング)→トロッコ嵯峨駅(自由時間)
→トロッコ列車(トロッコ亀岡駅まで)→(難波PM7:30頃)というスケジュール。

大阪から車や電車で行くより少し割高な気もしますが、移動手段や混雑状況、乗船乗車の手続き
食事の場所などを考える手間が省けるので、日帰りバスツアーもありだと思いました。
ただ、やはり帰り道は渋滞しますので・・・
子供が「トイレ行きたい」となった時、本当に困りますヽ(TдT)ノ
ガイドさんに言えばどうにかなるのかな~?

保津川下りには、今度は桜や紅葉の季節に是非また行ってみたいです(*^ー^*)ゞ☆



スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekosomari.blog36.fc2.com/tb.php/260-7e51e1ea
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。