スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

2011年08月28日 21:06

神戸市中央区脇浜海岸通にある 兵庫県立美術館 に息子Fと2人で行ってまいりました。

お目当ては、借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 【7/23~9/25】 
観覧料 大人 1200円 / 大学生 900円 / 高校生・65歳以上 600円 / 中学生以下 無料

035aa.jpg

こちらは、2002年に開館した神戸市「HAT神戸」にある美術館です。愛称は「芸術の館」
「水木しげる・妖怪図鑑」展や、トリックアート「だまし絵」展など、何度か訪れている美術館です。

023a_20110828140615.jpg

映画美術監督で知られる種田陽平氏が手がけたこの美術展。
※種田陽平氏の代表作。「スワロウテイル」「不夜城」「キル・ビルVol.1」「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」「悪人」…

人間の12分の1サイズで作られた小人(アリエッティ)たちの世界が再現されています。
大きな椅子がデーンと入り口に。写真はここから先は写せなくなります。

004a_20110828140527.jpg

アリエッティの世界へGO!
大きな軒下の通風孔から小人たちの家に入っていきます。映画で観た小道具があちこちに♪
すべての物が小人たちの目線サイズで作られいるので、どれもこれも巨大化されています。

絵画として壁に飾られているのが切手だったり、マチ針が剣の大きさだったり、灰皿がお風呂だったり
腕時計のベルト部分を外したものが掛け時計だったり、大きなバッタやてんとう虫がいたり♪と。

020aa_20110828162456.jpg

映画 『借りぐらしのアリエッティ』をもう一度観てから来ればよかったな♪

我が家では、美術館や○○展、観賞会などで【音声ガイド】があれば必ず借りるようにしています。 
こちらの「音声ガイド」は、セットの中を歩いていくと、映画音楽と実際に映画で使用された効果音が
流れ出すという仕掛けが施されていました。

うちは ゆっくり説明を聞きながら歩くので、いいタイミングで音声ガイドが流れ出してくれましたが
チャッチャと先に先に進みたくなる方は、音声ガイドは勿体無く感じるかもしれませんね (;´▽`A``

ガイド件数:16 件  解説時間 :約30 分
貸出価格 :1台500 円、ペア貸出800 円(税込)
      ペア貸出とは(1台の音声ガイドに、接続用のヘッドフォン2つ)
      同じペースで一緒にまわるのであれば、2台借りるよりペア貸出の方がお得ですね

014a_20110828170523.jpg

[アリエッティの世界」を過ぎると「種田陽平さんの展示コーナー」があります。
種田さんがこれまでに手掛けた映画美術をパネルや模型で紹介していて、音声ガイドでは種田さんの
ロングインタビューが流れていましたよ。
ここのコーナーでは、小さなお子さんや、小学生くらいの子供では楽しみ方が難しいかもしれませんね。

034aa.jpg

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」夏休み大好評感謝キャンペーン として
8月30日(火)~9月4日(日)までの6日間、洗濯バサミを身につけた方、又はポニーテールの髪型で行くと
計300名様にアリエッティのミニ本やメモ帳がプレゼントされるそうですよ♪


兵庫県立美術館 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
TEL:078(262)0901 / FAX: 078(262)0903
7月23日(土)~9月25日(日) 月曜日休  ※9/19(月)開館、9/20(火)休館
一般1200円 大学生900円 高校生・65歳以上600円 中学生以下無料
  
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekosomari.blog36.fc2.com/tb.php/262-59c7bd98
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。